自慢できる肌を取り戻そう!ニキビケアで大切なポイント!

自宅で行えるニキビケアの方法を調べてみよう

ニキビの症状は、年齢や体質、生活習慣などにより大きく異なりますが、出来たばかりの白ニキビや黒ニキビと呼ばれる状態であれば、クリニックに通うことなく自宅で対応できることもあります。また、思春期と成人した後に出来るニキビは、原因や症状の現れ方などに違いがあるため、自分自身のニキビの特徴をしっかりと理解することが大切です。例えば、毛穴に溜まった角栓を取り除く洗顔フォームやクリーム、ジェルなどは、通販や薬局などで手軽に購入することができ、費用もそれほど掛かりません。また、美容成分が含まれている化粧水や乳液などを使うことで、ニキビをはじめとする肌トラブルの予防につながることもあります。成分の種類や使い方などにこだわりながら、肌の状態にあったものを選択することがオススメです。

ニキビをクリニックで治療すべきケースについて

ニキビのケアを始めるにあたり、赤ニキビなどの既に肌に炎症が起こっている場合には、セルフケアの効果が十分に期待できないことがあります。また、背中や首などに出来たニキビは、手が届きにくくケアが疎かになってしまいがちなので、症状の重さにかかわらず、初めからクリニックに通うこともおすすめです。ニキビでのクリニックの治療法の種類には、外用薬を使うものや、ホルモン療法などがありますが、体質や持病などによって副作用が出ることがあるため、皮膚科の専門医のもとで診察を受けることが大切です。また、治療後にニキビ跡を残したくない場合には、主治医と相談をして、色素沈着などのリスクについて把握することも大切です。

ニキビができる原因は、栄養バランスの乱れやストレスのある生活を送ることで、肌へのダメージがかかり過ぎることだと言われています。