薄毛は放置しても治らない!発毛対策は早めに始めよう

薄毛の予防は早いほどいい

発毛は髪が薄くなってから始めるものですが、薄毛予防は薄くなる前から行うことができます。若いころから予防を徹底しておくことが将来のフサフサを実現してくれるのです。髪質がパサつく、皮脂がベトベトする、縮れ毛になったなどの自覚症状が出てきたら、シャンプーを変えてみましょう。育毛シャンプーと育毛剤は頭皮に低刺激なので、20代から使用しても問題ありません。

発毛サイクルを維持することが大切

抜け毛を調べてみると毛根はフニャフニャしているでしょう。ここから髪が成長していくわけですが、ヘアサイクルの成長期が短くなると十分に成長できなくなります。全体的に髪がやせ細っているようなら、薄毛が始まっている可能性があります。発毛させるには毛乳頭に栄養を与えることが大切なので、洗髪で毛穴を綺麗にすること、育毛剤を使用することが薄毛対策として効果的です。

専門家に髪の相談をするメリット

薄毛の原因は自分で特定が難しく、大まかに予測しても外れていることが多いです。発毛エステやクリニックなどの髪の専門家に相談すれば、原因と対処法を教えてくれるでしょう。薄毛の原因によって発毛対策の方法は変える必要があり、これは生活診断を行なって特定していきます。食生活の乱れ、ホルモンバランスの崩れ、頭皮環境の悪化など薄毛の原因はさまざまです。

円形脱毛症の原因は意外と知られていない

一般的に薄毛はホルモンバランスの異常、頭皮の栄養不足・血行不良などが原因で起こるとされますが、円形脱毛症は自己免疫の低下により発症すると考えられています。過度の疲労やストレスを抱える毎日を送っていると免疫機能のバランスが悪くなり、円形脱毛症を発症させるのです。女性によく見られる薄毛タイプで、一番の対処法は生活の乱れを改善していくことです。

発毛とは髪が生えてくることです。毛のない状態から毛母細胞が活性化して新しい髪が生えてくることをいいます。