ピーリングってそもそも何?方法も色々あるピーリング

ピーリングとは「剥がしとる」こと

現在では肌のケア方法として知られているピーリングですが、そもそもの意味は「剥がしとる」ということです。肌表面の古くなった角質を何らかの方法で「剥がしとる」ことから、肌ケアの言葉として知られるようになりました。

なぜピーリングが肌のケアになるのかというと、古くなった角質が剥がれ落ちずに残っていると、皮膚の生まれ変わりが促進されないからです。そうなると例えば、くすみになったりニキビ跡がいつまでも残っていたりします。

ピーリングを行うことで、くすみやニキビ跡のケアになるだけでなく、シミやシワにも効き目があると考えられるため、年齢を重ねて新陳代謝が衰えてきた人ほどピーリングをした方が良い、という考えもあります。

ピーリングの種類は?

ピーリングは「剥がしとる」ことですから、そのような行為は全てピーリングになりますが、まず種類を大きく分けると、クリニックで行う方法と、自宅で行う方法に分かれます。

クリニックで行う方法は、肌に薬剤を塗って剥がすケミカルピーリングという方法が主です。薬剤の濃度を人によって調整して行ってくれるので、効果がしっかりと現れ、なおかつ安全というメリットがあります。

自宅で行う方法は、物理的にこすり落とす方法や、化粧品を塗ることで剥がす方法などがあります。具体的にはスクラブ洗顔や、塗って角質を柔らかくする化粧品などです。両者の中間として拭き取り化粧品もあります。他にもドラッグストアでは、様々な角質を剥がす商品が売られています。効果はクリニックと比べるとやはり弱く、また、無理な刺激を肌に与えないように注意が必要ですが、安く気軽に行うことが出来るのが自宅ピーリングです。

古い角質はニキビ跡を作る原因になります。ピーリングは古い角質を取り除くので、ニキビ跡を予防改善することが出来ます。